スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


オンライン書店ビーケーワン お気に入りをクリック【あれす商店】へようこそ 紹介 商品 説明 口コミ
カテゴリ:未分類


漫画・小説・雑誌等の本全般の商品









【オンライン書店ビーケーワン】話題の本・ベストセラー












『アンダルシア 女神の報復』6/25公開




“外交官 黒田康作シリーズ”『アンダルシア 女神の報復』


真保裕一の著作『アマルフィ』は、フジテレビ開局50周年記念

作品として、織田裕二主演で

『アマルフィ 女神の報酬』として映画化されました。

そして原作ではその続編となる『天使の報酬』が

テレビドラマ『外交官 黒田康作』として登場。

さらに今回その続編となる『アンダルシア』が

6月10日発売され

映画化第2弾『アンダルシア 女神の報復』として

6月25日(土)より全国東宝系にて公開されます。









本日の新着記事:<課題図書>・

『ダールグレン』・<ドラマ特集>




第57回 青少年読書感想文全国コンクール<課題図書>


青少年読書感想文全国コンクールは、児童生徒・

勤労青少年を対象に、読書活動の振興を

目的として1955年に始まりました。

読書の感動を文章に表現することを通じて、

読書の楽しさや素晴らしさを体験してもらい、

半世紀を越えて子どもや若者たちの

考える力を育んでいます。




国書刊行会“未来の文学”シリーズ第3期始動!第一弾は

『ダールグレン』



“未来の文学”シリーズは、国書刊行会が刊行している

1960~1970年代の海外SF文学シリーズです。

2004年の第1期刊行から始まり、

この6月第3期がスタートしました。

第一弾は、サミュエル・R.ディレイニーの

『ダールグレン』。

性と暴力の魅惑を鮮烈に謳い上げた、

20世紀SFの金字塔と称される作品です。









ビーケーワンドラマ特集



『グッドライフ』『JIN─仁─』『高校生レストラン』

『マルモのおきて』他

話題のドラマは最終回ラッシュ!関連書籍とCD・DVDで

ご紹介致します。











なるほど!書評:
『神保町「書肆アクセス」半畳日記』他




このコーナーでは、ビーケーワンにいただいた書評から

「なるほど!」と思わせる書評をご紹介します。

レビューを書く際のご参考になれば幸いです。




○“拾得”さんの『神保町「書肆アクセス」半畳日記』の書評

「本書で見られるような、「社交場」としての役割が

失われることについては、やはり残念な思いが残る。

オンライン書店の拡大が、かえって孤独な読者・読書を

増やしているだけなのかもしれない、

とふと考え込んでしまう。

いや、これからの読者の力量次第であろう」


この続きを読みたい方は、こちらから。


 →オンライン書店の書評も一種の社交場ではないかと

 思うのですがいかがでしょう?





○“木の葉燃朗”さんの『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』

の書評



「独裁者であるトルヒーヨや、物語に登場する力や暴力を

悪と位置づけ、それらに対立する存在として

ポップカルチャーを配置した効果だろう。

暴力に対抗するための文化という構図には、

文化の力を信じるものとして希望を感じる」


この続きを見たい方は、こちらから。


 →文化の力!





○“ゆこりん”さんの『プリンセス・トヨトミ』の書評


「大阪が全停止したとき、観光や仕事やその他もろもろの

用事で大阪に来ていた人たちは

いったいどうしていたのか?」


この続きを見たい方は、こちらから。


 →万城目さん、お答え下さい。





さらにいろいろな方の「なるほど!書評」を
読みたい方はこちら







オンライン書店ビーケーワン












その他の商品は、下記よりどうぞ。



エステ&ダイエットの商品はこちらから。


ドメイン&レンタルサーバー系の商品はこちらから。


食材&食品の商品はこちらから。


その他の商品はこちらから。


漫画・小説・雑誌等の本全般の商品はこちらから。


レンタル・買取・販売等のDVD商品はこちらから。


アニメ&ホビー商品はこちらから。


美容関係の商品はこちらから。







2011.06.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンター
東北地方太平洋地震 節電推進のお願い
東北地方太平洋地震 義援金関連情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。